治療方針

当院では眼鏡とコンタクトレンズによる屈折矯正を行っています。

快適な屈折矯正のためには互いに影響しあう「屈折」「調節」「眼位」の3者を意識し評価を行うことが必要です。

方針イメージ

 

「屈折」は一般的にはオートレフケラトメータの値を参考にしながら、レンズ交換により視力を求めることで測定します。

「調節」は当院ではアコモレフ2(ライト製作所)、AA-2(NIDEK社製)を用いて測定しています。この検査により調節力低下や眼精疲労などを他覚的に評価することが可能です。

方針イメージ

 


「眼位」はビノキュラーセパや対面診察により確認しています。

方針イメージ

 

治療の流れについて

     

  • <問診>
     現在の症状、治療に対してのご希望などをお伺いします。

    <検査>
     視力検査、必要に応じて調節機能検査、眼位検査
     その他、角膜形状解析検査や光干渉断層計検査、視野検査

    <治療>
     全例、院長により適切と考えられる眼鏡やコンタクトレンズ処方、あるいは両方を組み合わせた処方を行います。